ときわ動物園(アフリカの丘陵マダガスカルゾーン)2

マダガスカル島は、アフリカ大陸の南東にある島です。大陸とは孤立した状態が長く保たれたため、島の生物種が独特の進化を遂げました。キツネザルは、マダガスカルの代表的な哺乳類です。

ときわ動物園には、ワオキツネザルとエリマキキツネザルがいます。

wao.jpg


ワオキツネザルは、マダガスカル島南部に生息しています。長い尾を持ち、白と黒の輪のようになっています。
輪尾(わお)が名前の由来になっています。メスがオスよりも優位で、群れをひきいています。

erim.jpg


エリマキキツネザルは、キツネザルの中ではもっとも体が大きいです。毛色は白と黒に分けられていて、顔のまわりには長い毛がエリマキのように生えていて、これが名前の由来になっています。マダガスカル島東部に住んでいます。


ポチっと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
宇部情報(ブログ村)