宇部駅

宇部駅


宇部駅は宇部市における鉄道の玄関口です。

炭鉱で栄えた頃は、駅前は娯楽施設が充実したエリアでした。

市街地から西に離れた場所に位置するため、市の中心部にある宇部新川駅が実質的な宇部の代表駅ですが、現在の乗降客数は、宇部駅が宇部新川駅を上回っています。

一時期、宇部新川駅が宇部駅となり、当駅は「西宇部駅」と改称されたこともありました。


かつては旧楠町と宇部を結んでいた船木鉄道の始発駅でもあったのですが、1961年に廃線となっています。
船木鉄道は現在バスの会社になっています。

他の宇部のブログもどうぞ
↓↓↓
宇部情報ブログ
タグ:宇部
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック