宇部の方言1〜「りよる」と「ちょる」

標準語では、雨が降っている時、「雨が降っている」と表現しますが、宇部弁では、「雨が降りよる」と言います。これは現在雨が降り続けている状態のこと、つまり現在進行形です。


雨が降った後に地面が濡れているのを見て、標準語ではやはり「雨が降っている」と言いますが、宇部弁では、「雨が降っちょる」と言います。これは過去完了形です。

宇部弁だと現在進行形と過去完了形で言葉が違うのでどちらかすぐ分かりますが、標準語だとどちらのことか言葉だけでは分かりませんね。

この言葉の場合宇部弁の方が便利ですね。

他の宇部のブログも見てみいや。

↓↓↓
宇部情報ブログ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118126876
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック