宇部市概要

宇部市(うべし)は、山口県西部の瀬戸内海に面した市。県内では3番目となる約17万5千人の人口を擁す市です。

宇部興産発祥の地で、現在でも、同社は本社機能の一部及び主力生産拠点を市内に置いています。
沿岸部は宇部興産を中心とした工業地帯が形成されています。

宇部市には山口宇部空港があり、山口県の空の玄関口となっています。
また、宇部港は、日本一のセメント輸出量を誇り、瀬戸内工業地域の一翼を担っています。
山口大学医学部附属病院等があり、10万人あたりの医師数が全国第1位の都市でもあります。

宇部市は、花と緑と彫刻のまち。
市内のときわ公園とその中にある宇部市野外彫刻美術館は、箱根の箱根彫刻の森美術館と並んで、野外の彫刻美術館としては国内の双璧をなしています。

国内屈指の彫刻ビエンナーレの会場としても全国的にその名が知られています。

市内には宇部市民会館(渡辺翁記念会館)、宇部興産ビルなど日本を代表する建築家の一人村野藤吾の作品があります。





他の宇部のブログも見てみいや。

↓↓↓
宇部情報ブログ

タグ:宇部
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック